mclean-chanceの「裸のout to lunch」

私が見てきたアニメ作品について書いていきたいと思います。生暖かく見守ってくださいませ。

ジャズ、最後の巨人の証言。

ハービー・ハンコックハービー・ハンコック自伝』

モダン・ジャズ最後の巨人と言ってよい、ハンコックの自伝。

『マイルス自叙伝』『ウェイン・ショーター伝』と合わせて読むと、更に面白いです。

ドナルド・バードマイルス・デイヴィスとまさにジャズのエリート街道を歩き、ソロになっても、セクステット→ムアディシ→ヘッド・ハンターズとコレまた順調だったハンコックの伝記は、破天荒は面白さはないです。

しかし、アルバム製作に関して、かなり客観的に自己分析しているのが、ジャズファンとしてはたまらんのでした。

また、音楽業界で安定した地位を確立するために、ドナルド・バードがあんなにハンコックを助けていたなんて、知りませんでしたね。

私は、ワーナー期のハンコックはちょっと迷走しているというか、ちょっとイキすぎてしまってついていけないんですが、ハンコックとしては、絶好調だったみたいですね。ココは意外でした。

コカインの使用を、なんと、『ガーシュイン・ワールド』をやめられず、とうとう、更生施設に入っていたという事実を淡々と語っているのは、かなり衝撃的でありました。

チャーリー・パーカーチェット・ベイカーを地獄に落とした、ヘロインにはさすがに手を出さなかったそうです。

アメリカの芸能界は、ハンコックのような良識派ですら、麻薬に手を出し出してしまうほど、アッサリと手に入ってしまう、ところなんですねえ。

電子楽器にのめり込んでいる所は、機械オタクぶりが無防備に書かれていて、男の子感が満点。

個人的には、スペースシャトルの打ち上げが見られなくて、家に帰っても怒りが収まらないところが、可愛くてよかったです(笑)。

ラストに出てくるマイルスのエピソードがとてもよかったなあ。

f:id:mclean_chance:20160304131840j:image