読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mclean-chanceの「裸のout to lunch」

私が見てきたアニメ作品について書いていきたいと思います。生暖かく見守ってくださいませ。

イスラム情勢は複雑怪奇なり。という方へ。

高橋和夫イスラム国の野望』幻冬社新書


本書は「イスラム国」によるジャーナリスト等の殺害事件の直前に刊行されたので、それ以降の動静は書いていません。

が、そういった現在進行中の問題を見ていくための基本的に知っておかなくてはならないことを過不足なく書いており、筆者が「できるだけわかりやすく書いた」と言っている通り、これ以上ないくらいに平易に書かれた著作です。

次々と理解に苦しむ行動をとり続ける「イスラム国」への理解には、まずはこの一冊を読んでみると、日々のニュースへの理解もより深まると思います。

基本的には、英仏による、報復的なオスマン朝の解体が、シリア、イラクという、歴史的に全く根無し草の国家ができてしまったことへの捻じれに無理な力を加えてしまった(具体的にはイラク戦争です)が、この地域が持っている様々な矛盾をわざわざ叩き起こしてしまったことによるものであることが、一番大きな背景であります。

近くは、ヨーロッパ社会から疎外されて、行き場を失った若者たちの不満であります。

そして、イラク戦争後のイラク政権の無能、欧米諸国のシリア内戦への無関心、アラブ富裕層の無責任なテロ組織への援助が、指摘されています。

筆者がトルコのエルドアン大統領を非常に高く評価している点は、特筆すべきでしょう。

また、イラク北部に勢力を持っているクルド人としっかり外交交渉すべきという具体的提案もあります。

テロを云々する前にまずはこれを。