mclean-chanceの「Love Cry」

はてなダイアリーで長年書いてきたブログを移籍させました。生暖かく見守りくださいませ。

モダンジャズにおけるエリントン へのアプローチとは。

Joe Lovano『Rush Hour』(Blue Note)

 


personnel;

Joe Lovano(ts, ss, drms),

Gunther Schuller(cond,composer, arrenger, conductor) etc.(多すぎるので、ネットで調べてください)

 

recorded at the Power Station, New York City, April 6 & 7, 1994, and June 12, 1994

 

もしかすると、本作はジョー・ロヴァーノの最高傑作かもしれません。

 

ロヴァーノは日本とアメリカの評価にものすごい乖離があるジャズメンで、かくいう私も、あのとらえどのない彼のサックスの演奏は、いいとも悪いとも評価し難いところがありました。

 

f:id:mclean_chance:20220623000942j:image

余りにもなんでもできてしまう事が、ロヴァーノを日本に紹介しづらくさせているのかもしれません。

 


ポール・モーシャン、ビル・ビル・フリゼールと組んだ変則的なトリオが何枚かアルバムを出してますけども、コレはこのトリオのコンセプトが素晴らしく、ロヴァーノのサックスはとても合っているんですよ。

 

f:id:mclean_chance:20220623001146j:image

断続的に出された変則トリオの第1作。


他に何枚か彼のリーダー作を聴いてみたんですが、正直、どこがいいのかわからなかった。


が、たまたま、彼がエリントン/ストレイホーンの曲に取り組んでいるアルバムがある事を知り、Amazonで注文し、どんなものなのか確認のために購入して聴いてみたんです(youtubeはちゃんと聴かないので、一応、エリントンを研鑽しているものとしてはそれはその方法はやめました)。


このアルバム、1994年の4月6, 7日に主にガンサー・シュラー指揮、アレンジによる、ソプラノのヴォイスも加わった、かなり変わった編成のオーケストラをバックに演奏したものに、6月12日の、多重録音演奏を含めた、ロヴァーノとヴォーカルのジュディ・シルヴァーノ、もしくはロヴァーノのみの演奏による実験な録音(この日のみ、アレンジはロヴァーノ)を加えた大作でして、なんと、ロヴァーノが自らプロデュースして製作されています。

 

f:id:mclean_chance:20220623001252j:image

ガンサー・シュラーとジョー・ロヴァーノ。


もしかすると、彼のアルバムの中で最大のバジェットで作られたものかもしれません。


曲目は先程述べたエリントンとストレイホーン以外に、モンク、オーネット、ミンガスにシュラー作曲、スタンダード、自作曲を加えたものですが、コレらが実に渾然一体となっている、いわば、コンセプト・アルバムなのです。


それ自体が、エリントンが1960年代から本格的に取り組む事となる、組曲とも重なるのですけども、本作は、モダンジャズにおける、デューク・エリントンへの大編成を用いたアルバムとしての最高峰の1つと言ってもよい傑作です。


シュラーの不穏なオーケストレーションと、「キチンとしたテクニックを身につけた、ポール・ゴンザルベス」を演じるロヴァーノの演奏、とりわけテナーがこれほどまでに相性がいいのか。と心底驚きました。


また、ガンサー・シュラーという人も、どう評価していいのかよくわからない典型みたいな人として認識していた私の固定観念を見事に打ち砕いてくれた、素晴らしい仕事ぶりです。


11分を超える大曲「Headin’ Out, Movin’ In」に続くラストに、ロヴァーノのテナーのソロ演奏による「Chelsea Bridge」というご褒美がついているのも素晴らしいですね。


ジョー・ヘンダーソンによる、ストレイホーン作品集『Rush Life』のラストもテナーの独演ですが、コレと双璧でしょう。

 

f:id:mclean_chance:20220623001355j:image

ジョーヘンの1990年代の傑作。


このアルバムを誉めている文章に私はお目にかかった事がないのですが、まさか、こんなすごい隠れ名盤を発見する事になるとは、私自身が驚いております。


そして、こんな素晴らしいアルバムが誰にも知られる事なく埋もれたままになっている事は、なんとも心苦しく、ここに紹介させていただきます。

 

追補

そういえば、チャールズ・ミンガスの傑作『Pre-Bird』にも、ガンサー・シュラーが参加していましたよね。

ロヴァーノがシュラーを起用したのは、この事実に基づいていると思います。

f:id:mclean_chance:20220623001438j:image

vol.15開催します!

エリントン すごいぜ!vol.15(再)
コロンビア期在庫一掃!名盤珍盤紹介!
 

コロンビア期のエリントンは今回にて一旦締めまして、これまで紹介してこなかった傑作アルバムを一挙に紹介いたします!

 

ここまでの内容に加筆修正を加えたものを小冊子にまとめていく予定ですので、乞うご期待ください。

 

選曲していてつくづく感じるのは、1959-60年はエリントンの創作のピークの1つであるなあと思います。

 

そのピークをお楽しみいただきます。

 

くれぐれもCovid-19 には、お気をつけを!

 

日時 2022.7.30

場所 夜学バーbrat

台東区上野2-4-3 池之端すきやビル3F

(JR御徒町駅東京メトロ上野広小路駅湯島駅など)

http://ozjacky.o.oo7.jp/brat/

 

open 13:30 start 14:00-16:30
料金 2drinks+800円(お菓子等の持ち込み可。ドリンク類はお店のものを注文してください)

 

covid-19の感染者によって、日程の変更等をせざるを得ない場合がございます。

 

その際は当ブログにてお知らせいたします。

 

f:id:mclean_chance:20220605151808j:image

 

 

 

 

 

 

 

チャールズ・ミンガスの傑作です!

Charles Mingus『Pre-Bird』(mercury)

 


Personnel;

【May 24, 1960 Sessions】(trk 4,8)

 

Marcus Belgrave, Hobert Dotson, Clark Terry, Ted Curson, Richard Williams(tp),

Slide Hampton, Charles Greenlee, Eddie Bert, Jimmy Knepper(tb), Don Butterfield(tuba),

Eric Dolphy(as,fl,bcl), John La Porta(as,cl),

Yusuf Lateef, William Baron Jr., Joe Farrell(ts), Danny Bank(bs),

Harry Shulman(oboe), Robert Di Domenica(fl),

Charles McCracken(cello),

Roland Hanna(p), Charles Mingus(b),

Danny Richmond,(drms),

George Scott, Stick Evans(perc)

 

Gunther Schuller(conductor),

Max Roach(perc)(only trk 8)

 

 

【May 25, 1960 sessions】(trk 1-3, 5-7)

Ted Curson(tp), Jimmy Knepper(tb),

Eric Dolphy(as,fl,bcl),

Joe FarrellYusef Lateef(ts,fl), Booker Ervin(ts),

Paul Bley(p)(trk 1,3,5,7)

Charles Mingus(b),

Danny Richmond(drms)(trk 1-3,4,6,7)

 

Roland Hanna(trk 6)

Lorraine Cousins(vo)(trk 5)

 


Both Sessions we were recorded at Plaza Sound, New York City

 


チャールズ・ミンガスはジャズ史上、重要なベイシスト、作曲家、編曲家である事は間違いないと思いますが、いざ、歴史の中で語るにはとても難しいジャズマンです。

 

f:id:mclean_chance:20220503172120j:image

その強烈すぎる個性故に、モダンジャズの枠には収まらない、チャールズ・ミンガス

 


その最大の要因は、彼がデューク・エリントンを大変に敬愛していた事によるところが大きいと思います。


本作はそんなエリントン愛を最大に爆発させたミンガスの傑作の一つであり、タイトル『バード以前』とはミンガスにとって、エリントンその人を意味するという事でしょう。

 

f:id:mclean_chance:20220503172255j:image

エリントンもまた独自のサウンドを生涯にわたって追求していました。


バードこと、チャーリー・パーカーはほとんど独力でジャズをモダン化させた張本人であり、それを「ビバップ」と呼び、以降、ジャズ史に於いて、パーカー以前/以後が、ジャズのプレモダン/モダンにそのまま直結する事を決定づけた天才です。


ミンガスは世代的にもパーカーとも共演している、いわばビバップ世代の代表的な存在なのですが、その後のキャリアを見ると、ビバッパーとして活動してしていたのかと言うと、必ずしもそうとは言えず、むしろ、「ミンガスミュージック」を追求していた人。と言った方がよいでしょうね。


それはパーカーの同志的存在であったディジー・ギレスピーとも違うような気がします。


生涯にわたって、快楽的な興味の趣くままに活動していた、いわば、お祭り男のギレスピーは、いざ、トランペットを吹くとやはりそこにはビバッパーとしての矜持を感じざるを得ないのですが、ミンガスの演奏にはそういうものはあまり感じません。


ミンガスにとって最も重要なミュージシャンは、やはり、エリントンであり、彼の音楽の発展と継承こそが大命題だったのだと思います。


そのエリントンがコレまたジャズ史には到底収まりきれない困った存在であり、日本のジャスファンから未だに持て余される人でして(笑)、要するに、彼もまた「エリントン・ミュージック」を探求しているという点で、ミンガスと同じ存在、というか、エリントンを追求する事でミンガスはジャズ史でエリントンと同じく独自の存在になっていたのですね。


エリントンが自身のオーケストラによって作り上げたサウンドは時代によって違いはあるものの、そのダイナミックでゴージャスなスケール感を持ちながらも、どこかいわく難いエロチシズムとエレガンスをたたえていたのですが、ミンガスはそのダイナミックな部分を彼独自に発展させ、そこにミンガスならではのロマンチシズムが同居する、とてもユニークなものです。


そのサウンドのユニークさはバンド編成のユニークさにもハッキリと出ていて、テナー奏者が3人もいたり(ジョー・ファレルがいるのが驚きですね。どうしても1970年代の活躍がイメージとして強いので)、モダンジャズではほとんど出てこない、オーボエ、チューバ、チェロ奏者がいたり(チューバはモダンジャズではギル・エヴァンズくらいしか有名な人では起用してないですよね)、ピアニストに、なんと、ポール・ブレイがいたりと、ものすごく変わっています。


それ以外のメンツも恐ろしく個性的で、コレはミンガスのバンドの一貫した特徴ですね。


それによって作られるのは、ミンガス的としか言いようのない歪な美しさをたたえたサウンドです。


二曲のみエリントン 作曲でそれ以外はすべてミンガスの自作曲なのですが、なんといっても特筆すべきはエリントン ・オーケストラにおけるジョニー・ホッジスの役割を担っている、エリック・ドルフィーの圧倒的なソロです。

 


ホッジスのようなポルタメントやルバートを多用したテーマを吹いたかと思えば、アドリブになると、「マトモに狂ったパーカー」のように吹きまくる、4分30秒ほどのさほど長くはない演奏は、全体の白眉であり、これまではアンサンブルに徹し切っているのですが、突然ものすごい演奏が飛び出してきて、驚いてしまいます。

 

f:id:mclean_chance:20220503173108j:image

ビバップを更に発展させようとしていたドルフィーは、1964年にベルリンで糖尿病の発作により、亡くなりました。

 


エリントン作曲は2つありますが(Take The A Train、Do Nothin’ Till Hear from Me)、それぞれどちらもエリントンの別な曲をカウンター・メロディーとして利用していて、単なるカヴァーは行ってません。


ブレイのピアノは後のスタイルはまだ確立してしてはいないですが、その硬質なタッチは、本作に不思議な味わいを与えています。

 

f:id:mclean_chance:20220503173411j:image

ポール・ブレイはカナダ出身。アメリカでのキャリアの初期にミンガスと出会っていました。

 


最後の大曲はガンサー・シュラーを指揮に招いた、作曲優先の曲で、エリントンが目指すところと実は同じだったりします(ホッジスは楽しくソロを吹きまくりたい一つなので、エリントンがこういう事をやると明らか嫌がっていたフシがありますが)。


それにしても、こんなバリエーションが豊富な演奏を(ヴォーカルをフィーチャーした曲も2曲あります)たったの2日でやり遂げてしまう当時のジャズメンたちはものすごいですね、ホント。

 

f:id:mclean_chance:20220503173519j:image

 

 

vol.14のセットリストです!!!!

エリントンすごいぜ!vol.14  セットリスト

 

1.Otto Preminger『Anatomy of A Murder』(1959)


1)Main Title and Anatomy of A Murder(Ellington, Strayhorn)
 recorded at Radio Recorders, Los Angeles, CA, on early June, 1959

https://youtu.be/QccJ2L-7DVk


2)Midnight Indigo(Ellington, Strayhorn)
 recorded at Radio Recorders, Los Angeles, CA, on early June, 1959

https://youtu.be/0PuEFKGH5cg


3)Happy Anatomy((Ellington, Strayhorn)
 recorded at Radio Recorders, Los Angeles, CA, on early June, 1959

youtubeにありませんでした!同名異曲はあるのですが…



2.Tchaikovsky『The Nutcracker』op.71a ストコフスキー指揮とエリントンを聴き比べる


4)-1 March
Leopold Stokowski(cond), His Symphony Orchestra
 recorded at Manhattan Center,

    New York, on June 29, 1950

     https://youtu.be/y60lO8k06KA

 


4)-2 Peanut Brittle Brigade(March)(adaptation : Ellington)
 recorded at Radio Recorders,

   Los Angeles, CA, on May 31, 1960

    https://youtu.be/RB6PnBLQhh0


5)-1 Chinese Dance
Leopold Stokowski(cond), His Symphony Orchestra
 recorded at Manhattan Center,

    New York, on June 29, 1950 https://youtube.com/shorts/Hkt9fWnHlew?feature=share


5)-2 Chinoiserie(Chinese Dance)(adaptation : Ellington)
 recorded at Radio Recorders, Los Angeles, CA, on June 21, 1960

https://youtu.be/9jobH3BLQX4

6)-1 Arabian Dance
Leopold Stokowski(cond), His Symphony Orchestra
recorded at Manhattan Center, New York, on June 29, 1950

https://youtu.be/A5fBeUHSwC0


6)-2 Arabesque Cookies(Arabian Dance)(adaptation : Ellington)
 recorded at Radio Recorders,

    Los Angeles, CA, on June 21, 1960

    https://youtu.be/jRelnWvKXw4


7)-1 Russian Dance
Leopold Stokowski(cond), His Symphony Orchestra
recorded at Manhattan Center,

New York, on June 29, 1950

https://youtu.be/JcWIvij1uoQ

7)-2 The Volga Vouty(Russian Dance)(adaptation : Ellington)
 recorded at Radio Recorders,

    Los Angeles, CA, on June 22, 1960

    https://youtu.be/T0ROxQtiTrE

 


3.Suite Thursday tribute to John Steinbeck『Sweet Thursday』


8)Misfit Blues(Ellington, Strayhorn)
 recorded at Radio Recorders, Los Angeles, CA, on October 10, 1960


9)Shwiphti(Ellington, Strayhorn)
 recorded at Radio Recorders, Los Angeles, CA, on October 10, 1960


10)Zweet Zurzday(Ellington, Strayhorn)
 recorded at Radio Recorders, Los Angeles, CA, on October 10, 1960


11)Lay-By(Ellington, Strayhorn)
 recorded at Radio Recorders, Los Angeles, CA, on October 10, 1960

https://youtu.be/LysXjZ5_yFc


4.組曲のルーツ?


12)An American in Paris(George Gershwin)
Charles Dutoit(cond), James Thomson(tp), Orchetre Symphonique de Montreal
Recorded at Saint Eustache Church, St.Eustache, Quebec on July 1988

 

https://youtu.be/VoPFibuESs0

 


参考 CD
1)~3)Duke Ellington『Anatomy of A Murder』(SME RECORDS)
4)-1,5)-1,6)-1,7)-1 Tchaikovsky: Symphony No.5 & The Nutcracker Suite /Leopold Stokowski and His Symphony Orchestra(RCA
4)-2, 5)-2, 6)-2, 7)-2, 8)~11) Duke Ellington『Three Suites』(Sony Music Japan)
12)Gershwin: An American in Paris, etc. / Symphonique 

 

f:id:mclean_chance:20220430222211j:image

衝撃的ソロデビュー作!

 

Mark Shim『Mind Over Matter』(Blue Note)

 


personnel;

Mark Shim(ts), Geri Allen(p),

David Fiucynski(g, vo),

Curtis Lundy(b),

Eric Harland(drms),

Ralph Peterson(drms, tp)

 

recorded at System Two, Brooklyn, NY on February 19 & 20, 1997

 


現在見ると、ジャケットの写真のマーク・シムや若さに驚きますが、コレがブルーノートから発売された彼のソロデビュー作です。

 

f:id:mclean_chance:20220428205802j:image

彼ほど新作が望まれるテナー奏者はいないでしょう。

 

 

一聴してすぐに気がつくのは、彼のテナーの演奏はジョー・ヘンダーソンにものすごく似ているという事ですね。


しかしそれは単なるモノマネではなく、ソロの組み立てはやはりオリジナルのものです。


デビュー作ながらサイドメンが名手揃いで、ブルーノートから相当な期待が寄せられていたのがわかりますが、結局、コレを含めてリーダー作はブルーノートから2枚しか出ておらず、その後、目ぼしいリーダー作がないのはなぜなのでしょうか(サイドメンとして様々な録音に名前が見えるのですが)。

 

f:id:mclean_chance:20220428205846j:image

なんと、ジェリ・アレンジがサイドメンとして参加しています。2017年に惜しくも亡くなりましたが、若い頃はM-Base一派として活躍しました。

 


それはともかく、とても新人とは思えない自信に満ちた吹きっぷりは素晴らしいとしか言いようがなく、今聴いても驚きの演奏です。


ブルーノートの久々の逸材であり、その剛毅にして、浮ついたところの全くない演奏は、新人離れしています。


そもそも、「ジョーヘンに似ている」というのは全くもって悪口でも貶しでもなく、モダンジャズでも屈指のサウンドコントロールをしているような、聴いた感じの地味な印象とは比べものにならないほどの精緻なテクニックを駆使した油断のないスタイルを学ぶというのは、ものすごく大変な事であり、シムは、そこにファンキーさ、タフさを加味していて、ハッキリ言って並外れた実力者です。

 

f:id:mclean_chance:20220428212053j:image

2001年に亡くなったジョー・ヘンダーソンは現在のテナー奏者に多大な影響を与えています。

 

アドリブソロになると、やはりシムの個性が明確に出てくるのはどうアドリブという演奏の必然的帰結ですね。

 

作曲がジョーヘンとはかなり違うので、そこもオリジナリティです。


こんな完成されたテナー奏者かいきなり出てくるというのは、脅威という他はないです。


現在、CDは廃盤のようですが、中古で比較的安価に入手できるようですので、ネットで探すか、中古を扱うお店で見つける事をオススメいたします。

 

f:id:mclean_chance:20220428210015j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャック・ディジョネットはドラムがうまいサウンドクリエイターなのです!

Jack DeJohnette’s Special Edition『Album Album』(ECM)

 


personnel;

John Purcell(as, as), David Murray(ts),

Howard Johnson(tuba, bs),

Rufus Reid(b, el-b),

Jack DeJohnette(drms, keys)


recorded at Power Station, New York, in June 1984

 

f:id:mclean_chance:20220414215506j:image

最早説明不要のジャック・ディジョネット。共演したジャズミュージシャンの多くはレジェンド級の人々ばかりです。

 


ジャック・ディジョネットは「ニュー・ディレクション」と「スペシャル・エディション」というグループを結成しました。


前者はアルバムとしては2枚出したのみですけども、後者はメンバーを変えながらもかなり継続していたようで、1990年代までECMでアルバムが出ています。


ディジョネットというと、現在だとどうしてもキース・ジャレット、ギャリー・ピーコクとのトリオのドラマーという事で認識されがちですが(実際、このトリオでの活動が彼の最も長く続いたものになったのは事実です)、実はその合間にもキースと同じレーベルである、ECMからコンスタントにアルバムが出されていた事はもう少し注目されてもいいのではないかと思います。


このスペシャル・エディションは、ディジョネットの自作曲をメインにしたグループであり、彼のサウンドクリエイターとしての面白さが際立っているのですが、本作でとりわけ面白いのは、セロニアス・モンクの「Monk’s Mood」ですね。


ハワード・ジョンソンがアレンジし、アルト、テナー、バリトンの3管にベイスを加え、ディジョネットはキーボードとドラムを演奏するという一風変わったもので、ハワード・ジョンソンのバリトンサックスのグリグリとしたソロが実に素晴らしく、アンサンブルが実にモンク的な浮遊感を作り出しています。

 

f:id:mclean_chance:20220414215136j:image

ギル・エヴァンズ・オーケストラの重要メンバーだったハワード・ジョンソンはアレンジの才能もある才人でした。2021年に惜しくも亡くなりました。


モンクの作曲は、ジャズミュージシャンを未だに刺激するらしく、21世紀の現在もしばしば取り上げられていますね。


ほとんどミーターズと化した、「New Orleans Strut」もコレまた楽しい演奏で、ECMとは思えない快演。


こういう演奏を聴いていると、ディジョネットという人はもはやジャズドラマーではなくて、ものすごくドラムのうまいサウンドクリエイターと呼んだ方が的確なのかもしれません。


ディジョネットのポップな部分が出ている、彼の隠れ傑作です。

 

キースとのトリオが事実上不可能となってからも、ジョン・スコフィールドたちと「ハドソン」というグループを作るなど、未だに積極的な活動を行っている、大ベテランですね。

 

f:id:mclean_chance:20220414215817j:image

ジャケット写真は家族でしょうか。アルバムは亡くなったディジョネットの母親に捧げられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダー名で聴かず嫌いをするのは勿体ない小傑作!

The Curtis Counce Group『Landslide』(contemporary)

 


personnel ;

Jack Sheldon(tp), Harold Land(ts),

Carl Perkins(p), Curtis Counce(b),

Frank Butler(drms)

 


recorded at Contemporary Records’ Studio,

Los Angeles, October 8 & 15, 1956

 


主に西海岸のジャズシーンで活躍していたベイシスト、カーティス・カウンスに注目してアルバムを買っているジャズファンはそれほどいるとは思えませんが、本作は、そんな彼の隠れ小傑作とも言えるものです。

 

f:id:mclean_chance:20220330191742j:image
カウンスは自身のプレイで個性を発揮するのではなく、全体のバランスをつねに考えるタイプのミュージシャンですね。

 


サイドメンもいわゆるビッグネームと呼べる人もいませんし、そもそも、カウンスは1963年に早逝しているので、リーダー作も多くありません。


カウンスは、自らのクインテットに「グループ」と名づけて活動しているのが、タイトルからわかりますが、この録音は、非常にアンサンブルを重視しており、それがコンテンポラリー特有の(名エンジニア、ロイ・デュナンによるものです)、明るくてとてもクリアな録音によって更に明確なものとなっています。


ハードバップのめざるところのアンサンブル、作曲、編曲、アドリブソロの整合性に西海岸のスムースさが加わっているのが、東海岸のジャズとは明らかに異なる美意識です。


とは言え、クリフォード・ブラウンマックス・ローチクインテットのメンバーであった、ハロルド・ランドカール・パーキンス、フランク・バトラー、そしてカウンスはアフリカ系であり、同じ西海岸のアート・ペッパーチェット・ベイカージェリー・マリガンと言った白人中心のコンボと比べると、いい意味で黒さがあります。

 

f:id:mclean_chance:20220330191957j:image

クリフォード・ブラウンとの伝説的なクインテットを、「ツアーで家族と長期間離れるのがイヤ」という理由で脱退した、ハロルド・ランド

 

f:id:mclean_chance:20220330192114j:image

決して派手さはありませんが、西海岸のシーンを支えた、カール・パーキンス


この、東海岸ほど黒くなく、西海岸の白人中心のジャズとも違うという、絶妙なところにあるのが、本作の魅力で、それは、とりわけ、「Time After Time」「Sarah」のようなスローナンバーに顕著です。

 

f:id:mclean_chance:20220330193258j:image
クインテット唯一の白人、ジャック・シェルドンの好演も素晴らしいです。


ジャズ史を大きく変えたわけでもなく、メンバーに後に有名になったミュージシャンがいるわけでもないですが、ジャズファンというものが、最終的にどういうものを求めているのかを知るにも格好のアルバムです。


残念ながら、現在、やや入手が困難で、中古を探す必要がある事は付け加えておきましょう。

 

f:id:mclean_chance:20220330192210j:image

驚くべき事に、このジャケットを撮影したのは、ウィリアム・クラクトンです。