mclean-chanceの「Love Cry」

はてなダイアリーで長年書いてきたブログを移籍させました。生暖かく見守りくださいませ。

jazz critique

インパルスにしては意外にも肩肘張らないライブの快作!

Milt Jackson『That’s The Way It Is』(impulse!) personnel; Teddy Edwards(ts), Milt Jackson(vib), Monty Alexander(p), Ray Brown(b), Dick Berk(drms) recorded at Shelly’s Manne-Hole, Hollywood, Carifornia, August 1 and 2, 1969 ミルト・ジャクソ…

実はかのトリオはキースがリーダーというわけではない事がわかる傑作

Gary Peacock『Tales of Another』(ECM) personnel; Keith Jarrett(p), Gary Peacock(b), Jack DeJohnette(drms) recorded at Generation Studios, New York, February, 1977 ギャリー・ピーコックのリーダー作で、すべて彼の作曲ですが、メンバーが完全にか…

現時点のカーリーのジャズヴォーカルの最高傑作!

Carly Simon『Moonlight Serenade』(Colombia) Personnel; 各人Wikipediaを見るように(笑) Recorded at Fox Force Five, Hollywood, (Trucks) and The Cutting Room, New York(vocals), and Westlake Recorders, Hollywood, (strings), Reagan’s Garage, L…

ドン・チェリーとキース・ジャレットは意外と近いのかもしれません。

Don Cherry『Relativity Suite』(JCOA) Personnel: Don Cherry(composer, conductor, tp, conch, voice, perc), Charles Brackeen(ss, as, voice), Carlos Ward(as, voice), Frank Lowe(ts, voice), Dewey Redman(ts, voice), Sharon Freeman(frh), Brian Tr…

キースの1970年代の総決算的な傑作!

Keith Jarrett『Survivors’ Suite』(ECM) personnel; Dewey Redmam(ts, perc), Keith Jerrett(p, ss, bass recorder, celeste, osi drums), Charlie Haden(b), Paul Motian(drms, perc) recorded at Tonstudio Bauer, Ludwigsburg, Germany, April 1976 アメ…

こういうグループをもっといろいろ聴いてみたかったです。

Keith Jarrett『Personal Mountains』(ECM) Personnel; Jan Garbarek(ts, ss), Keith Jarrett(p, perc), Palle Danielsson(b), Jon Christensen(drms) Recorded at Kosei Nenkin Hall, Shinjuku,Tokyo in April 2, 1979 1970年代に活動していた、キース・ジ…

私にとってキース・ジャレットはジャズ界の異端児です。

Keith Jarrett『Still Live』(ECM) Personnel; Keith Jerrett(p), Gary Peacock(b), Jack DeJohnette(drms) recorded at Philharmonic Hall, Munich, Germany in July 13, 1986 1980年代に入って、『Standard vol.1』に始まる、いわゆる、「スタンダード・ト…

キース・ジャレットはこの辺りから聴いてみてはいかがでしょうか?

Gary Burton & Keith Jarrett『Gary Burton & Keith Jarrett』(Atlantic) personnel; Gary Burton(vib), Keith Jarrett(p, el-p, ss), Sam Brown(g), Steve Swallow(el-b), Bill Goodwin(drms) recorded at A&R studios, New York in July 23, 1970 キース・…

カーリー・サイモンのライフワーク、第二作目!

Carly Simon『My Romance』(Arista) Personnel; 各人gooleで調べるように! recorded at Power Stasion, New York, 1990? 1981年の『Torch』から9年後、レーベルがアリスタに変わり、またしてもジャズアルバムを出しました。 今度は一部で参加していたマーテ…

カーリー・サイモンのライフワークの第1作!

Carly Simon『Torch』(Werner Bros.) Personnel; Wikipediaにあるので各人調べるように(笑) recorded at Power Station, New York, in 1981? 若い頃はジェイムズ・テイラーと結婚していました。 カーリー・サイモンが本作を出して、結構なチャートアクショ…

ネルソン・リドル三部作(シナトラじゃないよ)!

Linda Ronstadt with Nelson Riddle & His Orchestra 『What’s New』『Lush Life』 『For Sentimental Reasons』 (Asylum) Personnel; 多すぎるため、すべて割愛(笑) Recorded at The Complex, Los Angeles, in June 30, 1982-March 4, 1983(What’s New) A…

不在でも存在し続けるマイルス!

Al Foster『Mixed Roots』(columbia) personnel; Micheal Brecker(ts, ss), Bob Mintzer(ss), Sam Morrison(ss), Jim Clouse(as,fl), Paul Metzke(g), Kikuchi Masabumi(el-p,org,p), Teo Masero(el-p), Jeff Berlin(el-b), T.M. Stevens(el-b), Ron McClure…

ジャズヴォーカルの魅力がつまった傑作ライヴアルバム!

Mel Tormé and Friends『Recorded Live at Marty’s, New York City』(Finesse) Personnel; Mel Tormé(vo), Mike Renzie (p), Rufus Reid or Jay Leonhart(b), Donny Osborn(drms) guests; Janis Ian(vo), Cy Coleman(vo), Jonathan Schwartz(vo), Gerry Mull…

晩年の凄みが記録されたアルバム!

Al Haig『Blue Manhattan』(interplay) Personnel; Al Haig(p), Reggie Johnson(b), Frank Gant(drms) Recorded at RCA Studio, in New York, on January 4, 1980 晩年に凄まじい演奏を残したアル・ヘイグ。 白人バッパーとして1940年代から活躍していたアル…

80年代のショーターを代表する浮遊感のある傑作!

*Wayne Shorter『Phantom Navigator』(Columbia) Personnel; Wayne Shorter(ss, ts, lyricon, vo), Chick Corea(p), Mitchel Forman(synth), Stu Goldberg(synth), Jim Beard(synth), Jeff Bova(synth), Alphonso Johnson(el-b), Gary Willis(el-b), John Pa…

ハンコックのアタマの中に渦巻くマッドネスが爆発した怪作!

Herbie Hancock 『Sextant』(columbia) personnel; Bennie Maupin(ss, bcl, piccolo, affiche, hum-a-zoo), Eddie Henderson(tp, flh), Julian Priester(btb, ttb, atb, cowbell), Herbie Hancock(p, el-p, clavinet, synth, mellontron), Buster Williams(b…

ハードバップとは歌謡バップなのではないのか?と思わざるを得ない小傑作。

Mal Waldron『Mal/2』(prestige) Personnel; Bill Hardman or Idrees Sulieman(tp), Jackie McLean or Sahib Shihab(as), John Coltrane(ts), Mal Waldron(p), Julian Euell(b), Art Taylor or Ed Thigpen(drms) recorded at Van Gelder Studio, Hackensack,…

ライル・メイズはエリントンの晩年の組曲を後継しているのしょうね。

Lyle Mays『Lyle Mays』(Geffin) personnel; Lyle Mays(p, synth, autoharp), Marc Johnson(b), Alejandro N.Acuña(drms), Bill Frisell(g), Billy Drewes(as, as), Nana Vasconcelos(perc) recorded at The Power Station, NYC and Blue Jay Recording Stud…

1970年代のジャズを決定づけた傑作!

Chick Corea『Return to Forever』(ECM) Personnel; Chick Corea(el-p), Joe Farrell(fl, ss), Flora Purim(vo, perc), Stanley Clark(b, el-p), Airto Moreira(drm, perc) recorded at A&R Studios, New York City, in February 2&3, 1972 本作を決定づけた…

ポストプロダクションの楽しさにトコトン耽溺した人の実にユニークな音楽ですね。

Sam Gendel『Satin Doll』(nonsuch) personnel; Sam Gendel(sax), Gabe Noel(el-b), Philippe Melanson(el-perc) recorded at Los Angeles ? コレはたまげましたよ、ホントに(笑)。 およそ生の楽器の演奏の音というものがほとんどなく、サム・ゲンデルによ…

『Spiritual Unity』を更に推し進めたジャズがコレではないかと。

Chick Corea『A.R.C.』(ECM) personnel; Chick Corea(p), Dave Holland(b), Barry Altchul(drm, perc) recorded at Tonstudio Bauer, Ludwigsburg, Baden-Württenberg, West Germany in January 11, 12 and 13, 1971 チック・コリアのジャズシーンの登場は実…

チック・コリア追悼。

Stan Getz『Sweet Rain』(verve) personnel; Stan Getz(ts), Chick Corea(p), Ron Carter(b), Grady Tate(drm) recorded at Van Gelder Studio,Englewood Cliffs,New Jersey in March 21 and 30,1967 2021年に急死したチック・コリアですが、個人的に彼の晩…

ギル・エヴァンス入門編に最適です!

Gil Evans Orchestra『Plays The Music of Jimi Hendrix』(RCA/Legacy) personnel; Gil Evans(cond, arr, p?), Hannibal Marvin Peterson(tp, vo), Lew Soloff(tp,flh), Peter Gordon(frh), Peter Levin(frh, synthesizer), Tom Malone(tb, fl, synthesizer,…

2020年はこんなジャズを聴きました!

2020年に聴いたジャズアルバム 【新作】(同不順) Jacob Colier『DJESSE vol.3』 Maria Schneider『Data Lords』 Thundercat『It Is What It Is』 Nubya Garcia『Source』 Sam Gendel『Satin Doll』 ONJQ『Hat and Beard』 Tigran Hamasyan『The Call Within…

痛快作!

Mats Gustafssson + Otomo Yoshihide duo『Timing』(doubt music) Mats Gustafsson(bs, flutephone, live electronics), Otomo Yoshihide(turntables, g, banjo) recorded at GOK SOUND, Kichijoji, Tokyo, in June 4, 2018 吉祥寺のスタジオ「GOKサウンド」…

ジョージ・ラッセルはトリターノとマイルスを結ぶ人だったのではないか?

George Russell Smalltet『The Jazz Workshop』(RCA→Sony) Personnel;Art Farmer(tp), Hal McKusick(as, fl), Barry Garbrath(g), Bill Evans(p), Milt Hinton or Teddy Kotick(b), Joe Harris or Paul Motian or Osie Johnson(drms), George Russell(arreng…

アンドリュー・ヒルのクセになる音楽を是非とも!

Andrew Hill『Judgement!』(Blue Note) personnel; Bobby Hutcherson(vib), Andrew Hill(p), Richard Davis(b), Elvin Jones(drms), recorded at Rudy van Gelder Studios, Englewood Cliffs, NJ, January 8, 1964 若い頃のアンドリュー・ヒル。 1960年代の…

余りにも素晴らしく、後世のジャズシンガーには大いなる壁となったか。

ELLA FITZGERALD『Ella Fitzgerald Sings The Duke Ellington Songbook』(verve) personnel; 各人ネットで調べるように! recorded in New York, June 24, 25, 26, 27, 1957 マリリン・モンローとエラ。 オリジナルのvol.1, 2がそれぞれLP2枚組で、合計4枚組…

脅威のギタートリオというは他なし!

Lionel Loueke『Gaïa』(Blue Note) Personnel: Lionel Loueke(g), Massimo Biolcati(b), Ferenc Nemeth(drms) ベナン出身のギタリストの新作。 コレは心底驚きました。 変拍子が基調で、そこにポリリズムが絡んでくるというのは。 ベイス、ドラムともに不…

コレぞ、サド=メルの最高傑作!

Thad Jones /Mel Lewis & Manuel De Sica and The Jazz Orchestra サド=メル・オーケストラの双頭リーダーのサド・ジョーンズとメル・ルイス。 ジャケットには、コレしか書いておらず、曲目もなし。 デザインもいかにもマイナーレーベルっぽい感じで今ひと…